つらつら日記〜かあちゃん編〜
by annin8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
コロッケ
先日のランチは「手づくりコロッケ定食」だった。

お昼休みは1時間。
「事務所に誰かいないと困るから、1時には戻ってきてね」といわれたので、近くの定食屋さんへ行った。
サラリーマンのおじさんでごった返す店内。相席だし、忙しいのか店員さんもなかなかこない。

コロッケが目の前に並んだのは、なんと12時45分。
でも、お腹ぺこぺこだし、全部たいらげたい!
揚げたてのコロッケはころもがさくさくしていてとてもおいしそう。
しかし、味わうひまなどなく、目をむいて次から次へ口の中へ押し込んでいった。

とりあえず間に合ったのだけど、帰ってから口の中がなんだか変なことに気づく。
薄いまくのようなものが、口の天井(かたくてぼこぼこしているところ)の全面にわたってくっついている。
皮だ。やけどして、皮がむけたのだ。

何を食べても鉄の味がするし、何を食べてもとても痛い。
そうか、ふだん咀嚼しているとき私はこの天井部分で押しつぶしていたのだな。
痛いのであまり食べないようにしていたのだけど、お腹がすくと無意識に食べ物に手をのばしている。痛い。

みなさんも、あつあつコロッケの早食いには十分気をつけてください。
[PR]
by annin8 | 2004-07-22 10:13 | 日々の泡
<< 連日 京都は宵山 >>