つらつら日記〜かあちゃん編〜
by annin8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
たなばた
日本列島は七夕の7日、高気圧に覆われた影響で広い範囲で気温が上昇、午後3時までの最高気温は熊谷(埼玉県)で37・5度、前橋と豊岡(兵庫県)は36・5度、福島も36・3度とそれぞれ今年1番の猛暑となった。(共同通信)

私はそのころ坂をのぼっていた。
四条と五条のまん中、松原通は鴨川をこえるとかなり急な坂になって、そのまま清水坂に続く。

清水寺の奥にある、地主神社でおこなわれた七夕祭の取材に行ってきた。
午後2時前、遅刻しそうだったので小走りで坂をのぼる。
傾斜はきついし暑くてめまいがする。
カメラの部品が入ったカバンと脚立をもって歩くと地面にくいこみそうだ。
うつむいたとき、地面に何か落ちたと思ったら自分の汗だった。

七夕の日は毎年雨がふる、と七夕生まれのタマキさんが悲しそうにいっていたのを思い出した。
織姫と彦星が年に一度の逢瀬をかわす日に、雨が降る。
誕生日が毎年雨だとちょっと悲しいけど、七夕の日はいつも雨、なんて
歌詞にありそうですてきだと思う。

取材が終わり、汗で顔はぐしゃぐしゃ、シャツも湿ってよれよれのこ汚い身なりで会社に戻ると、社内に見知らぬ若い(ちょっと素敵な)男性がいてぎょっとした。
「本社(東京)から出張で京都へきている内藤くん」と紹介され、「普段はこんなに汗くさくないんです! まゆげもちゃんとあるんです!」と言いたかったけれど言えなかった。

地主神社は縁結びで有名で、この日も若い女性がたくさん集まっていた。
七夕こけしという紙でできた人形に自分の名前をかき、もうひとつに好きな異性の名前をかいて固く結び、いっしょに笹へつるすというのが七夕祭の内容。
宮司さんはこう言っていた。
「人の世で一番たいせつなのは、出会いです。本当に自分にふさわしい人と出会ってデートしてください。デートをして、子どもをたくさん作ってください」


七夕の日に出会った人。
雨が降らなかったおかげで私は汗だくになり、挙動不審なところをあますことなくみせたうえに、あさって退社する。
もう会うこともないけれど、かっこいい腕時計してたなぁ。
[PR]
by annin8 | 2004-07-07 20:27 | 自然/伝統
<< 小林製薬 "この味がいいねと君... >>