つらつら日記〜かあちゃん編〜
by annin8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
垢抜ける公式
最近のテーマは「垢抜ける」。

でも「垢抜ける」って、どうすればいいんでしょう?
おしゃれな洋服を着るとか、お化粧をばっちりするとか、
そういうことだけではないような気がする。

垢抜けているひと、というのは、身のこなしも頭の回転もスマートで
ものいいひとつにすらユーモアと知性が感じられる…
「垢抜ける」というのはひとくちにいえど、かなり壮大なテーマだ。

とある大先輩にご意見をうかがったところ、
「一定レベルの常識や知識、情報を持った上で、 自分のスタイルをつくっている人」
という返答をいただいた。

たとえば分野を「ファッション」とするなら、
基本をわかっていて、流行事情もちゃんと肌で感じていて、
それでいてちゃんと自分のスタイルを確立している、ということ。
「ファッション」のところに、「コピーライティング」とか「ライフスタイル」などを代入すればちゃんとあてはまる。

公式化すると

(垢抜ける)=自分らしさ÷(“該当分野”の一般教養+“該当分野”に対する感受性)≧3.0

※ただし(“該当分野”の一般教養+“該当分野”に対する感受性)は、一定水準以上の量が必要。


とのこと。


ぬー。予想以上に壮大だ。。

垢抜けるなんて今月の目標レベルじゃなく生涯の目標ではないか。
公式化できる、ということは、見た目も、仕事も、暮らし方もすべてがリンクしあっているってことだ。
仕事へ行くのに、毎日おんなじ靴とズボンでノーメイクというのは、
関係ないようにみえて実は仕事の質にも影響を与えているのかもしれない。

まずは形から、ということで、毎日おしゃれに気をくばることにしよう。

基本と流行をちゃんとわかってて、自分スタイル。
なかなか難しい。
[PR]
by annin8 | 2005-05-21 16:29
<< 探しものは見つけにくいです 謎のピアノマンと、いがいがした... >>