つらつら日記〜かあちゃん編〜
by annin8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
酔いの月
酔っている。
毎日飲んでいる。
酔っ払うのは楽しいけど、翌朝がつらい。
でも毎日飲んでいる。

今日は30分くらい半身浴をした。
汗をいっぱいかいたあとに冷やしておいたビールを飲んだ。ぐひー
いままでぜんぜん思わなかったのに、急にビールがうまいと感じるようになった。
大人になったのかな?最近味覚に変化がみられるようになった。

大阪城が光っていた。橋の上で自転車をとめた。水面に、30階はゆうにあろうかと思われる高層マンションの明かりがきらきらと映っていた。月がでていたかどうかは覚えていない。きれいだった。

もっと酔っ払いたい。酔うと、景色がかわって面白い。光も音も感触も記憶も感情もみんな増長されてふくらんで、そしてひゅうとしぼんでしまう。もっと遠くまで酔っ払ったままいってみたいけど、体が重くて自転車では遠くまでいけない。せいぜいこの扇町くらいまでだ。
酔いがさめるとかなしくなる。こんなふうにアル中になっていくのかしら。

先日、i-podをみせてもらった。
しろくて、つるんとしていて裏はぎんいろで、
ボタンなんかもシンプルでかっこいい。カッコイイ。
小さいのに、見た目よりもずっしりとしていて、けどてのひらに感じる重みがきもちよい。
こんなにもいとおしい形状の機器がいつも自分のそばにあって、
しかもそいつは画期的先進的チョーすげーやつで
いいなぁ、ちょっと高いけど、私もほしーなぁー
と、そのときもたしか酔っ払っていた、酔っ払いながらうらやましく思った。

銀行の残高を思い出していろいろと細かい計算を黙々とくりひろげていたのだけれど、
私はもともと鼓膜がよわくて、飛行機なんかのると気圧の変化で耳が裂けそうに痛むくらいなんで、イヤホンやヘッドフォンが苦手であった。きっとi-potとの相性もよくないにちがいない。

たばこはすっかり体に合わなくなった。吸うと吐き気がするのだ。酒を飲んだ状態だとひっくりかえりそうになってしまう。アンニュイな表情でけだるそうに細くけむりをはきだしたりしていたときが懐かしい。おいしいと感じてたものを、そう感じなくなってしまうのもさみしいような気がしなくもない。
すごく短いスパンで体にいろんな変化がおこってちょっとこわい。

しかし、酔っ払って文章のこすのはやめたほうがいいかもしれない。
今日はもう帰って寝ます。
[PR]
by annin8 | 2004-09-12 23:44 | 酔狂伝
<< 仕事中です +α ぢしん >>