つらつら日記〜かあちゃん編〜
by annin8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
4年ぶりに。
ブログを放置していたら、4年が経っていた。
富士山に登ったのは4年前か。
仕事と読書とお酒で生活が構成されていた4年前、
私はどんな気持ちで過ごしていたのか思い出せない。

こどもがうまれてからは何かについて思考をめぐらす余裕がなくなり、
本を読む時間が激減し、お酒を飲む量もずいぶん減った。
ただ目の前の用事を消化する毎日が続いている。

こどもが生まれてから、ぱーっと視界が広がった気がした。
これまで見ていた世界のまわりには、もっともっとたくさんの風景が広がっていて、
そこにはこれまで知らなかった事象や感情がたくさんあることに気づいた。
こどもをもつ、ということだけで
たくさんの人たちとさまざまな思いを共有することができることに驚いた。
「私はこうやって生まれてきたのか」を体感することは
劇的な意識変化をもたらすほどインパクトのある出来事だった。
ただ、そのシンプルだけど大きな驚きと喜びは
しなくてはいけない多くの用事によって、ただただ流れ去っている。
もっととどめておきたい、けれどとどめておくための時間と気力がない。

ちょうど2年半前(今日は2歳半の記念日だ!)生まれたての赤ちゃんだった息子は
機関車と電車と車が大好きで、走るのが得意な男の子に成長し、
おかあさん、すきだよー!と時々全力で叫んだりする。

生活とは、幸せとか不幸とか意識しないで過ぎていく時間のことだ、
と何かの本にあったけれど、
にこにこしている息子のほっぺたをぷにぷにしているときの私は
まちがいなく幸せだと思う。

[PR]
# by annin8 | 2014-05-07 17:38 | 日々の泡
富士山に登ってへたばる
ごぶさたしています。
このたび、お盆休みを利用して富士山に登って来ました。

ブームに乗っかってみたものの、富士山あなどりがたし!!!

いろいろと聞き及んではいたけれど、私の想像と体力の限界をはるかに超えていました。


夜8時に5合目から登り始め、頂上に着いたのは午前3時半。
夜の登山だし寒さは覚悟はしていたけど、よりによって、おおつぶの大雨! 横殴りの強風! 視界真っ白の濃霧!
酸素が薄いせいか息がすぐ上がって苦しいのだけど、立ち止まると寒すぎてガタガタ震えがとまらない(この時期気温は5度ほどらしいが、雨でかなり冷えていたと思う)。

登っているとモウレツに汗をかくので、服の内側も外側もずぶぬれ湿度150%状態。
登山道に張っているロープを握りながら登っていたら(ステッキみたいなやつがあったらよかったのだけど。足が弱ってしまい手を使わないと登れなかった…)、スキー用の手袋が濡れたロープの水を吸い、したたるほどの水浸しに。指先の感覚がなくなるほどかじかんだ手でチョコレートを補給。手が砂まじりだからじゃりじゃりする。おでこに装着したランプだけでは足元が暗くて、岩なのか砂なのかわからないまま足を出して何度も転ぶ。

そんなこんなで何時間も登り続けたところに、崖登場。あれは崖だった。
最後の方、崖よじのぼりゾーンが続いて本当に辛かった…。
こんな地獄っぷりは、30年生きてきてそうないんじゃないかと思う。

濃霧でご来光も拝めなかったけど、根性でなんとか頂上に到達しました。
日の出の時刻が近づき薄明るくなって来た中、浮かび上がる鳥居をくぐった時には達成感のあまり号泣。知らない人に「よく頑張りましたね」とあたたかくなぐさめてもらうほどの泣き様でした。

しかしほっとしたのはつかの間、くだりの地獄が待ち受けていた…
くだりは登る時間の半分ほどだというけど、足への負担ははんぱなく、実に辛かった。。
5時間かかってようやく5合目にたどり着いた時は、午前9時。膝とくるぶしの関節が壊れかけ、数時間後には太ももが破裂しそうなほどの筋肉痛が襲い、からだのあちこちに青あざができ…。何度も転んだし滑落したし、よくけがをしなかったものだ。
もう、辛かったことしか語れません。

でも、ご来光は死ぬまでに一度は見たいと思う。
頂上を再びめざす気になるかどうかは、今のところ否だけど。。

それと、こんなにからだを酷使したにもかかわらず、下山後に銭湯で体重を量ると1.5kg増えていたのがふしぎ!! それに、徹夜でハードな運動したのに全然眠くなかったのもちょっとふしぎ(しんどすぎたからかな)。


a0029326_093364.jpg


静岡市内の居酒屋で、富士山型のタジン鍋を発見。
[PR]
# by annin8 | 2010-08-15 00:00
反省、感謝、疲労、ビール。
先月、ぶじ結婚しました。
結婚式はこれからのことを誓う儀式だけれど、結婚式の準備期間はこれまでの人生を振り返ることばかりで、じっさい振り返ってみると私は実にいろんなことをさぼって生きてきたなぁとか、人に不義理を働いてばかりだなぁと反省ずくしでした。そんな自分はいかに後ろ向きな性格であるのかも改めて認識しました。相手はというと、修学旅行前の小学生のように無邪気に当日を楽しみに待っていました。楽観的すぎて癒されました。
準備期間の重苦しさとはうらはらに、当日はあっという間に終わり、たくさん祝福の気持ちをもらって、自然な感謝の気持ちでいっぱいになりました。
今までいろいろな時間を共有してきてもらったみなさま、本当にありがとうございます。
ふつつか者とはまさに自分のためにあるような言葉で、足りてないことだらけで、まだまだいろんなひとにお世話になり続けて生きて行きます。時々、振り返って反省ずくしになりつつ。どうぞよろしくお願いします。


ここひとつき以上、ほぼ毎日終電近くで休日出勤が続いている。わたしが何の変化もなくすごしている間に、友だちの赤ちゃんはすくすく育って毛がふさふさになり、この世界の仕組みを徐々に吸収している。妹のおなかの赤ちゃんも大きくなって、妹がアイスを食べるとおなかをけるようになった。毎月、住んでいる社宅まわりの草抜き(全員絶対参加)をしているけれど、きれいに刈ってもひとつき経てばふくらはぎが露でぬれるほどに生い茂る。
ゆっくり寝たいけど、明日は朝から草抜きで、休日出勤。楽しみは、もちろん一日の終わりのビール。
[PR]
# by annin8 | 2009-07-18 00:56
きづき
みなさま、いかがおすごしでしょうか?
気がつけば、ずいぶんと間があいてしまっておりました。

毎日JR大阪駅を経由するので、マスクをつけて通勤しております。
駅員さんやコンビニの店員さんはもちろん、近所のおしゃれカフェの店員さんもみんなマスクをしています。マスクだらけの風景をみて、「これだけみんながマスクをしてたらうつらないだろう」と言ってマスクをしていない人もいます。

私は、マスク慣れしていないためか、息が苦しくなるので自然と口呼吸になります。
そうすると、マスク内に吐息がこもるため、自分の口臭を常にチェックしている状態になります。ちょっとつらい現実が、そこにあります。

アラサー女性にも加齢臭が?というニュースをやっていましたが、働き盛りの男みたいな生活をしていると、加齢臭が出てくるようです。
1日に何杯コーヒーを飲んでいるか?晩酌は何日続いているか?夜更かししすぎ?など、己を見直すいいきっかけになっております。マスク。
[PR]
# by annin8 | 2009-05-21 00:00
あらびき
私が毎週楽しみにしているテレビ番組といえば、アメトークとあらびき団。
あらびきは、いつも1時くらいから始まるのに、昨日は1:25からだったから見終わる頃は2時。よふかしして眠いです。
ところが、こんな遅くからやってるのは関西だけって今日知りました。
全国的には11:55からなの? しかも関西は1週間おくれなんですか!
別にいいけど、損した気分。いっこくも早く暇をもてあました神々の遊びが見たいのに。

もうひとつ、楽しみにしてたのは、今ちゃんの実は…のコーナー、京大ウジハラVS東大田畑藤本の藤本君のクイズ対決。
これはローカルなんでしょうか。手に汗にぎりました。聞いたこともない専門知識の単語ばっかりで問題全部きいてもなにいってんのかわからん。それを問題文のふたこと目には答える藤本君かっこいい。控えめなかんじも眼鏡もすてき。
ここは、ウジハラの応援をするべきコーナーだけども、藤本君に釘付けです。
[PR]
# by annin8 | 2008-09-25 23:46
なべ
a0029326_2272079.jpg

今までホーローの鍋を使っていたのですが、先日、母にステンレス製の鍋を買ってもらいました。柳宗理のお鍋!片手鍋も一緒に。見た目も素敵だし使い勝手もよさそう。
普段、料理を作ることは少ないけど、届いたらいろいろ作るぞ!と心待ちにしていました。

さっそくうどんをゆでて食したところ、素敵なお鍋で料理をするのは気分がいい!と勢いづき、その翌日、久々にカレーを作りました。
カレーは美味で、満足満足。となるところが、なんと、鍋が焦げてしまいました。

a0029326_2283317.jpg重曹を溶かした湯を沸かし続けたり、冷めてから何度もこすったりしても茶色いシミがとれず。

a0029326_2281773.jpg
底をひっくり返してみると、同じようなシミが!
焦げというか変色……?まだ2回しか使ってないのにショック!!



調べてみると、ステンレス製の鍋は中火〜弱火が鉄則で、空焚きはもちろん、炒め物にも向いてないようです。
水などを沸騰させるときは鍋底の温度も100℃くらいしにしかあがらないけれど、炒め物などをして数百℃くらいに熱せられてしまうと、変色してしまうようです。知らなかった〜〜。
だから炎のあたったところだけ、茶色くなってんのか。
変色しても調理に害はない、とあったけど、料理ができたらええやん、と開き直る気分にはなりません。
せっかくの柳宗理のお鍋がぁ〜、の気分でいっぱい。

a0029326_22102919.jpgしかしあきらめず、さらに調べたところ「ヤケトール」というクレンザーで高温でやけたステンレスをきれいにできるとの噂が。
さっそくハンズで購入。


練り粉のようなものを塗って、ぬれタオルでぎゅむぎゅむこするとなんとこれだけぴかぴかによみがえりました!!「ヤケトール」ばんざい!! 素敵!!

a0029326_2215210.jpg

お鍋、ぴかぴかに磨いてずっと大事に使います。
カレー用には、年季の入ったホーロー鍋を使わないとな。
ステンレスのお鍋がこんな風になってしまった方はぜひお試しください。
[PR]
# by annin8 | 2008-09-01 22:36
淀川の河川敷
a0029326_18491832.jpg




稽古の前、自販機で水を買ったら当たりが出た。
もう一本、タダで出てきたのだ。ラッキー。

それから、稽古まで時間があったので、近くの淀川河川敷で本でも読もうと、いつも横目で見ていた緑色の堤防を登った。
登った途端、目の前に広がる緑地帯とたっぷりした淀川の流れの、のどかな風景のその向こうに、梅田の高層ビルがそびえていてほんのり夕方の色に染まっている。
涼しい風が吹いていて、ただ座って30分過ごした。

ちょっと、いい日。
[PR]
# by annin8 | 2008-08-13 18:49
夏やすみ
a0029326_2135542.jpg


私の夏やすみはまだまだ先ですが、夏やすみ気分で
万博記念公園に遊びにゆきました。

酷暑・炎天下で人もまばら…かと思いきや
フリーマーケットをしているゾーンだけたくさん人がいました。
(しかし救急車が何度か行き来していていた…)

日なたは灼熱地獄だけど、芝生の木陰は涼しい風が吹いて気持ちがよかった。
ビールを飲んで、ふかふかの芝生に寝転がると
青い空と入道雲。

屋外でころころできるのが、夏のいちばんの楽しみです。

a0029326_21443148.jpg

[PR]
# by annin8 | 2008-07-22 21:46
ヒビの予感
ちょっとしたアクシデントでわき腹を強打した。声が出ないほどの衝撃だったのに、1日、2日経ってもぜんぜんアザが出ない。そのうち痛みが局所化してきたので、自分で触診してみると、ろっ骨の2本を触った時だけ鈍い痛みが走った……多分ヒビだ。

すぐにネットでろっ骨のヒビについて調べてみると、病院に行っても有効な治療法が特にあるわけではなく、コルセットを巻いて安静にしておくと、ひと月くらいで骨がくっつくとのこと。くしゃみをすると気絶しそうになるが、1週間ほどで痛みはましになるとのこと。ふむふむ。
さっそく家にあった腰痛用のコルセットを巻いて寝たら、寝苦しくてたまらず夜中に何度も目が覚めた。寝る時には外すのだ、と教えられた。そうか。

仕事は主にデスクワークなので、コルセットを巻いて座っている時はほとんど異常なし。むしろ締め付けられているので食が細くなり、ダイエットの気配がするのが少し嬉しい。
しかし物を落として拾う時、うっかり無精してからだを横に倒すと「イ゛ーー!!」となる。呼ばれて振り返る時にからだをねじると危険なので、イスごとくるりと回って振り向く。胴体は常にまっすぐに。姿勢を正しく保つ感覚まで養うことができそうだ。
ところがうっかりくしゃみをしてしまい、「プシッ」の代わりに、「ヴグゥ」という野太い呻き声が出た。悶絶以上・気絶未満の激痛。これはヒビだな、と予感が確信に変わった。明日、医者に行ってレントゲンを撮ってもらおうと思う。


●追記

病院に行くと、「うーん、たいしたことないね」と一言。
「ヒビやったら、こう(グイッ)しただけで痛いはずやからね」。
それはぜんぜん痛くなかった…。
レントゲンを撮ってみると「ほら、きれいな骨や。軟骨になんかあるんかもわからんけど、様子みよか。痛み止めの薬出しとくね」。終了。
大騒ぎした割になんともなかったのはちょっとくやしい。ヒビくらい入っててもいいくらい痛いんやけどな。ちっ。
[PR]
# by annin8 | 2008-07-17 19:17
赤ちゃん訪問
先日、生後8日目の赤ちゃんがいるお家に遊びにいきました。
まさに生まれたてほやほやで、本当ならまだ入院している時期なんだそう。
私が今まで見たどの赤ちゃんよりもちっちゃくって、骨も筋肉もないみたいにふにっふに。光や音にもあまり反応しなくって、彼にとっての世界はまだぼんやりとしたものでしかないようです。

お父さんになりたてのE君は、1日に20回もおむつを取り替えるだけあって、すでにおむつ替え達人となっていました。「泣くのが仕事」の赤ちゃんは、3時間おきに泣くといういうサイクルを繰り替えてしていて、一同「これは大変…」と沈黙。彼は毎日寝不足ながらもお仕事にいかなければいけないのです。無言でいたわりのまなざしを向けました。

赤ちゃんのおつとめ中に、奥さんのお父さん(じいじ)がやってきました。ずっとE君が抱っこして大声で泣く赤ちゃんをあやしていたのだけれど、じいじがどれ、と言って赤ちゃんを受け取った瞬間、ぴたりと泣き止みました。神業。おいとまする間際になってはじめて笑った顔を見ることができたのでした。安定感のある腕とたっぷりとしたお腹に支えられて、安心しているのかしら。E君のパパ修行はまだまだこれからです。

自分もいつかは子どもができたりするのかな、と思うことがあるけれど、まだうまく想像ができません。あの小さな爪がくっついた小さな小さな手が、私の指をぎゅうっと握りしめたりするのは、友人の子であっても、たまらん、と思うのです。なんてちいさな。
少し残念だったのは、E君の赤ちゃんは、彼に似て手足の指が長く、すらりとしていたこと。私の妹は赤ちゃんの時、足の指先がちいさなグリンピースのごとくまんまるで、私とすぐ下の妹は、まるい指先をつまんでは、かわいいっっ(私のまるいものフェチはここから来ているのかもしれない)と身をよじっていました。あのまるい豆のような足の指が赤ちゃんの醍醐味なのです。
[PR]
# by annin8 | 2008-07-03 18:59